セカンドライフを楽しもう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 両親を想う。。。

<<   作成日時 : 2017/01/24 22:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 30

                       
 1月24日。。。

                    
あの日も寒い寒い一日でした。

                      
昭和64年1月24日

                       
わが母の命日です。

                         
この年、昭和64年

     
昭和天皇が崩御されたのが1月7日

                  
母の命が小さな小さな灯になっていると知らせが来て
                        
あわてて駆け付けた時
                    
介護していた父が母にそっと言いました。

                      
母の誕生日は1月6日。
                   
天皇様が1月7日に崩御されたよ
                
お母さんの誕生日でなくってよかったねって。。。

           
母にその言葉が判ったのかどうか・・・ふっと笑ったような気がしました。
                    
                         
それからしばらくして・・・

               
  雪が激しく降っていた1月24日に逝ってしまいました。

                   
 昭和天皇が崩御されて平成の世となりました。

                           
平成となって29年。
                           
天皇が即位されて
                  
そして2019年には譲位されることになりそうです。

                    
母が亡くなって共に時間を重ねてきた平成。
                
 いろいろな思いがたくさん詰まった1月24日の命日です。



                        
 そして・・・ 1月26日

                          
 父の命日です。

                          
母を看取って 8年。
                  
 独り暮らしで老後を楽しんでいた父でしたが
             
 膵臓癌で痛みと闘いながらたった3ヶ月で逝ってしまいました。
                  
やはりとても厳しい寒さの中でした。

                        
平成8年、1月26日。

                         
 一人っ子の私。

                    
両親は最後まで娘のことを思ってくれたのか
                    
                   
同じ月の24日・26日を選んでくれたのかしら・・・と
                           
不思議な巡り合わせに
                    
お仏壇にそっと手を合わせた今日でした。

                 
今私はたくさんの家族に恵まれて幸せを感じていますが
                  
毎日、両親の顔を思い浮かべながら
                
子供たち、孫たちの健康と幸せを見守って下さいと
                      
声に出して呼びかけます。

           
両親が生きている間には何にも親孝行らしきものは出来なかったけれど
        
今こうして、両親と対峙していると大きな力をもらっているような気がします。

                     
お父さん、お母さんの分まで健康で元気に生きるよ!!

                             
見ててね!!

画像






                      
                  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
忘れられない日ってありますね。
ご両親の日、しかも、続けるように---。
人にはそれぞれ、大切な日があるようです。
子、孫--がそれを受け継いでいってくれるのでしょうね。

行き当たりばったり
2017/01/24 23:17
あっこちゃんの今のお幸せは、ご両親が見守ってくださっている
からなのでしょう・・・
想い出話をうかがって、心からそう思いました。

あの日、平成へと変わった日。
私は新婚1年ちょっとを過ぎたところで・・・
友人夫婦と元号の発表を見ていて、みんな、とぼけた元号名の気がして
げらげら大笑いしていました。(若かったんです)
そのとき、あっこちゃんは、大変な思いをなさっていたんですね。
同じ時を過ごしながら、人それぞれ・・・・
人生っていろいろだなぁと改めて思います。
その平成も残すところ、あと数年・・・
何やら感慨深いですが・・・あっこちゃんはいっそうですね・・・
ぴあ乃
2017/01/25 06:42
今月は 忘れられない日が 続くのですね。
ご両親との 思い出を振り返りつつ 今の
あっこちゃんの 幸せを感謝されるお気持ちを
声に出して 呼びかけられていることこそ
ご両親への 恩返しですよ。
これからも 健康で元気に 頑張ってください。
フラバーバ
2017/01/25 09:06
あっこちゃん、こんにちは。

うちは父と義母が少しづつ弱ってきているせいか、このようなお話を伺いますと、胸がキューっとなります。

ご両親はあっこちゃんのことを見守ってくださっているのでしょうね。

ボクは就職したのが平成元年なので、やっぱり印象深い年です。
koji
2017/01/25 12:22
こんにちは
義母はよく弘法大師様のお言葉の話をしてくれました。「その生はわが好むにあらず。死もまた人の憎むにあらず」好む好まざるに関わらず、人はみんな偶然の中で生まれ、必ず死んでいく。偶然には沢山の人が関わっていて、ご先祖様も、そうでない人も、たくさんの人の上にあなたはいる。その”おかげ”に酬いるためにも生きていかなくちゃいけない。お陰を未来に繋げていく生き方。人は一人だと思うけれど、あなたが生きた足跡は、誰かにとっては”おかげ”になるのだそうです。人は繋がっているのだと。あっこちゃんは一人っ子で大切にご両親に育てられたと思います。こうして命日にご両親を想い、感謝されることはとても素晴らしいことだと思います。
オパール
2017/01/25 14:14
そうでしたか。お二人とも
1月の寒い時期に…。
昭和64年の1月はよく覚えています。
私も親として、今は自分の事より、
子供や孫の幸せを一番に考えます。
きっとご両親様も、天国で皆さんの事を
にこやかにほほ笑みながら、見守って
いらっしゃるんじゃないでしょうか。
yasuhiko
2017/01/25 15:22
大切に大切に 育てられたのだと 今のあつ子様のブログを拝見して
いて 人と生りが 目に浮かびます

ともすれば 忘れかけている 父母とたった一人の弟を思い出して
胸にこみあげてくるものがあります

いつかは 別れがきますよね 生かされた者は 精一杯
一日一日を一生懸命過ごしていきたいものです
ハムスターと私
2017/01/25 17:54
行き当りばったりの花日記さん。
偶然同じ月の命日なのですが
何か運命的なものを感じる私です。
ある意味忘れられない月ですね。
母は大正14年。昭和元年生まれなんですよ。
昭和を生き抜いた人でした。
あっこちゃん
2017/01/25 20:26
ぴあ乃さん。
健康であることも心置きなく家庭生活が出来るのも
きっと両親から受け継いだものだと思っています。
そして、今も見守ってくれていると強く感じています。
毎日、お願いばかりしているのできっと呆れているかもしれないけれど(笑)
元号がああして変わってくのを体験するのは初めてだったから
なんだかとっても新鮮でしたね。
また、次の元号を体験できるなんて…そんな日が来るとは思いませんでした。
母は大正14年、昭和元年の生まれ、
まさしく昭和を生きた人でした。
大きな節目は自分の中で忘れられない時となりますよね。
さて、次はどんな元号となるのでしょうね。
そしてどんな人生がまっているのでしょうか?!
あっこちゃん
2017/01/25 20:37
フラバーバさん。
は〜い、忘れられない1月ですが
時々、”あっ、しまった!命日だった!”って忘れてしまって親不孝な時もあります。
日々忙しくしているとね。
お仏壇へのお参りだけは欠かせない日々です。
不思議と心が落ち着きます。絶対守ってくれているって思えるのですよね。
健康でいることがきっと親孝行ですよね。
あっこちゃん
2017/01/25 20:43
kojiさん。
kojiさんの、どうぞお義母さん、父上のご健在のうちに
沢山、お顔を見せて差し上げて下さいね。
私はもっともっと身近でいてあげたかったと(遠く離れていましたから)
それだけが心残りです。
こんな親不孝なワタシでもきっと両親はいつも傍にいてくれていると思っています。
まぁ就職された年が平成元年。
それは忘れられない年ですね。
あっこちゃん
2017/01/25 20:53
オパールさん。
弘法大師さんのお言葉・・・グーッと心に浸みていきます。
独りで生きているのではなくたくさん人の心のお蔭で今の私が成り立っているのですね。
そう思うとたった一人の人生ですが本当に大事に生きていかなければなりませんね。
あっこちゃん
2017/01/25 21:01
yasuhikoさん。
昭和64年1月はきっと皆さんにとっても印象深い年でしたよね。
本当に寒い一月だったように思います。
お仏壇の前に座ると不思議と気持ちが落ち着きます。
きっと両親に向かえるからだと思います。
姿は見えませんが見守ってくれているように思えます。


あっこちゃん
2017/01/25 21:17
ハムスターと私さん。
一人っ子ですから大事には育てられたと思います。
でも子育てで忙しいのをいいことにあまり親孝行が出来なくて
今となって”後悔先に立たず”です。
”親孝行、したい時には親は無し”実感しております。
折りにつけ、両親のことを思うと胸がきゅんとしますね。

後悔しないように精一杯生きたいものですね。
あっこちゃん
2017/01/25 21:34
こんばんは!
ご両親のご命日は1月なんですね。私の母も1月、雪が降った寒い日でした。去年7回忌を済ませました。
この世で会うことが出来なくても心の中ではいつも生きています。元気なうちは親孝行は出来なかったですが、その分、子供たちや孫たちに返そうと思っています。
ご両親はきっといつまでも見守っていらっしゃると思います。精一杯生きることが恩返しでしょうね。私も頑張ります。
eko
2017/01/25 23:53
父は1月24日が命日
同じ日だと覚えておりました
若い頃の父の死
私が結婚1年でした
もっと、もっと傍にいたかった
その分母は頑張ってくれたので
少しは孝行が出来たかなと。
ジュン
2017/01/26 11:20
お父さんがお母さんに寄り添っている姿が目に浮かびます。お母さんを見送って8年一人で頑張って静かに後を追って逝く。それも同じ1月に、出来ればきっと同じ日に逝きたかったのかも知れない。こういう夫婦でありたいと思いながら、現実はなかなかうまくいきません(^^;;
サヤ侍
2017/01/26 13:23
ekoさん。
まぁ、お母様も一月でしたか?!
やはり一月はどの年も一番寒い時ですものね。
雪の風景はいつまでも印象に残っていますね。
本当に両親の分まで一生懸命生きなければと思っています。
絶対見守ってくれていますよね。
あっこちゃん
2017/01/26 21:20
ジュンさん。
そうでしたね。
ジュンさんのお父様も同じ命日でしたね。
ジュンさんのためにツツジの木を残してくださって
毎年素敵なつつじのお花を咲かせてくれているのですよね。
お父様は亡くなられても毎年咲いてくれる花が父上と重なりますね。
母の看病のあと父との時間をこれから持ちたいと思う矢先でしたので
返す返すも悔しい思いで一杯でした。
でも今はその分、子供たちや孫たち、そして夫と共に元気で頑張らなきゃと思っています。
あっこちゃん
2017/01/26 21:27
サヤ侍さん。
きっとあちらの世界で仲よくこちらを苦笑しながら見ていると思います。
”わが娘よ!もっとちゃんと生きろ!”なんてね(^_-)-☆
病は自分も予想をしていなかったともいます。
まさかそこまで早く逝くなんて思いもしなかったと思います。
今日は父の命日。
静かに暮れてゆきました。
でも告知もう受け、納得した治療でしたので
心安らかだったと思います。
あっこちゃん
2017/01/26 21:34
こんばんは!
ご両親さまのお命日が二日違いでしたか。
なにか不思議なものを感じますね。
私の父は1月8日に亡くなりました。
まだ水泳のコーチをしていた頃で、レッスンが済んでコーチ室に戻ると「お宅から何度も電話がありましたよ」というので、濡れた水着姿のまま家に電話をすると「お父さんが危篤だよ」と主人が申します。
あの時のガタガタ震えが止まらなかったのを今でも思い出します。
お互い、冬は切ない季節ですね。
離れて暮らす親や兄が亡くなると、今までよりずっと近くにいてくれるような気がするのですね。
ずっと前に亡くなった母の時も、父の時も、昨年の兄の時も、同じ気持ちになりましたよ。
うふふ
2017/01/26 21:58
1月はあっこちゃんさまにとって、忘れられない月なのですね。
我が家の末っ娘は昭和63年7月生まれです。…
娘はお母様が亡くなられた月日を歩んでいるのですね。
私の父も大正14年1月生まれです。…私が4才の時に天国へ行きました。
いつも、空から見守ってくれている…と、信じています。
あっこちゃんさまもご両親が見守って下さっていることでしょうね

チューリップ
2017/01/27 01:04
うふふさん。
まぁ、うふふさんのお父様は1月8日でしたか?!
お話を伺ってうふふさんのその時のお気持ちが手に取るように伝わってきました。
どの季節の別れは切ないものですが冬の寒さは格別に切なく感じますね。
そうでした。お兄様とのお別れはまだお悲しみが癒されない時間でしたね。
離れて暮らしているときよりもいつも傍にいてくれているような気がしますね。
いつも見守られているような気がします。
あっこちゃん
2017/01/27 21:15
チューリップさん。
そうなんです。
年数は違いますが2日違いの命日なんですよ。
まぁ、チューリップさんのお父様はチューリップさんがまだ幼い時に
お別れされたのですね。
お父様もどんなにか後ろ髪引かれる思いでお別れされたことか・・・
チューリップさんもよく素直で優しい女の子に育ってくれました!!(^^)!
本当にお空から見守ってくださっていたのでしょうね。
我が両親はいつも愚痴ってばかりいる私に呆れながらも”仕方ない子だねぇ!”って見ていてくれてると思います。(苦笑)
あっこちゃん
2017/01/27 21:23
 そうですか、寒い時に亡くなられたのですね。
昭和64年1月は私も忘れられない年です。
病院のベッドで平成おじさんの報告を聞いていました。
あれから29年、早いですね。
私の母は2月14日に亡くなったのでバレンタインデーは
いつも母を思い出しています。やはり寒い日でした。
時にはなくなった人のことを、ああすればよかった
こうしてあげればよかったと悔みながら思い出すのも
供養になりますね。娘としては母親の死はとても辛い
ことでしたが、丈夫で元気な娘に育ててくれたことに
感謝しています。(^^♪
ミキ
2017/01/27 23:12
ミキさん。
まぁ、昭和64年1月はご入院されていたのですか?!
お元気に回復されて早29年ですか?!
お元気になられて本当によかったですね!!
お母様はバレンタインデーの日にお亡くなられたのですね。
1・2月はまだまだ寒いとき!悲しみも一入でしたね。
身体の弱い母でしたが両親は私に強い身体を残して行ってくれました。
本当にこれは感謝ですね。
これからも健康で生きていきたいですね。
あっこちゃん
2017/01/28 20:16
こんにちは〜♪
1月になると思い出す両親との思い出ですね。
ご両親に感謝しつつ、これからの人生を楽しく過ごして欲しいと思います。
人生は一度きり、健康な時にやりたいこと、行きたい所へ行きたいと思います。
私の両親は健在ですが、いつかその日が必ず来ます。
その時までに思い出をいっぱい作りたいと思っています。
笑みりん
2017/01/31 10:11
遅くなったしまいました!
ご両親さま、共に1月に亡くなられたのですね。
お元気だった頃を想うと、感慨深いでしょうね。
心情、お察しします。

私の父は早くして亡くなりましたが、母は9年前89歳の6月、肺炎でたった5日間の入院で逝ってしまいました。それまで短歌や手芸に勤しみ、庭の手入れなど頑張っておりましたのに。。まさか亡くなるとはだれも思いませんでした。

あっこちゃん、ご両親様の分まで健康ではつらつと長生きされてくださいね。
ハーモニー
2017/01/31 13:42
笑みりんさん。
返コメ遅くなり、申し訳ありません。
一月も早、終わってしまいましたね。
元気で寿命をまっとうすることが両親への感謝だと思って
過ごしていきますね。
ほんと!
ご両親がご健在のうちにたくさんご一緒に思い出を作ってくださいね。
一杯親孝行してさしあげてくださいませ。
あっこちゃん
2017/02/01 17:13
ハーモニーさん。
そうなんです。
偶然なのか必然なのか
たった2日違いの命日となりました。
年月こそ違いますがこの両日に両親を思い出すことが出来て
幸せだと思っています。

お母様、89歳とは・・・天寿を全うされたのではないでしょうか?!
沢山のご趣味を楽しまれ、きっと楽しい思い出の中のお別れだったのではないでしょうか?
ハーモニーさんにとっては突然のことで驚かれたことでしょうね。

両親が亡くなってしまうことってこんなにさびしいとは思わなかったですが
残してくれた健康や幸せを感謝しつつ、元気で過ごしていきますね。
あっこちゃん
2017/02/01 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マウスを動かしてね!黒猫ちゃんがじゃれてくれます。
  • Maukie
  • オセロ挑戦してみてね!
  • ゲーム設置方法
  • 両親を想う。。。 セカンドライフを楽しもう!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる