セカンドライフを楽しもう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の息吹。。。と『沈黙』と。。。

<<   作成日時 : 2017/01/30 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 24

                     
 どういう自然現象なのか
                   
春を思わせる暖かい日でしたね。

             
 関東ではコートを脱がせるほどの暖かさだったとか?!
           
横浜の赤煉瓦倉庫の屋外スケートリンクの氷も融けてしまったとか?

                
それでも気温は急降下、明日から冬に逆戻りだそうです。

                     
 雨が止んだつかの間。
                        
庭に出てみました。

                          
春の息吹
          
春への足音がトン・トン・トンと聴こえてくるようです。

                     
冬咲きクレマチスが可愛く咲いてました。

画像

         
見て!見て! かわゆいでしょ?!
                    
 トレリスの小窓からちょっと顔をのぞかせます。

                      
沈丁花も蕾が膨らんで。。。
画像

ギュッと握った拳がちょっとだけゆるんだように・・・
                      
蕾が膨らんできました。

               
                       
チューリップの芽も顔を出してます。

画像

春咲く花達も”春はまだかな?”って芽を出しています。

                         
ヒヤシンスは蕾が顔を出してます。

画像

     左は室内で育つ水栽培のヒヤシンス。          右は厳しい寒さのヒヤシンス。

                      
そして最後はクリスマスローズ。

画像

まだ、そっとうつむいていますが
                     
花開くのは時間の問題!?

                 
確実に近づいてくる春の息吹、春の足音が聞こえてきます。

                     
 皆さ〜ん、そっと耳を澄ませてみて〜



        
 沈黙ーSilence 
                            
 昨日、観てきました。

画像





                    
 沈黙・・・ぴあ乃さんがおっしゃっていましたが
              
 静寂のなか・・・ただ風の音、波の音、虫の声が漏れて来て・・・
                        
 そんな中、 映画が始まります。

           
ぜひ観に行こう!と以前見た映画(君の名は。)の予告編を観ながら
                           
 我が家のYさんと話しておりました。
                     
公開早々、観に行こうとYさんを誘いましたが
          
今この映画を観る気持ちがついていかないと断られ・・・
                     
昨日の鑑賞となりました。
                    
(今回の精神状態はよかったのか?!苦笑)

                          
 『沈黙』・・・ 遠藤周作の代表作。

                        
 遠藤周作は昨年(2016)没20年
                        
 『沈黙』が発表されて50年。
                         
                
この映画は名匠マーティン・スコセッシ監督が構想28年をかけて
                          
 完成させた力作です。
                          
                    
                          
イエスの前に拷問や迫害を受ける
           
 隠れキリシタンや宣教師や司祭ロドリゴが受けた苦しみや苦悩に
                   
神の沈黙は司祭ロドリゴを苦脳させる。。。

                        
深く重く決して答えの出ない心の問題。

                    
 『沈黙』を読んでからすでに20年以上は経っている。
                    
当時読んだときもその重さや苦しみは伝わったのですが
    
 自分自身がまだ若く、隠れ切支丹の壮絶な拷問の酷さの印象しか残らなかった。

                      
 映画を観て 今改めて『沈黙』を読み直しています。

                    
 『沈黙』は神を巡る真理を探る話なのだけれど
                   
 実は人間の本質を探るお話のような気がしてきました。

           
キチジローという何度も司祭ロドリゴを裏切る隠れキリシタンの男が
                         
 ストーリーの一端を担うのですが
                    
このキチジローこそが人間の持っている弱さの本質。
                     
 誰にも潜む心の弱さなのではないかな・・・と。

                    
 私の心の中にいつもこのキチジローのような人間が
                         
出たり入ったり・・・している気がします。

                     
                     
人間はいつも理想と現実の狭間で揺れ動いています。
              
 何が正義か・・・わかっていても現実が目の前に迫ってきます。

                      
日々、苦悩の毎日を反省を込めて送っています。

                    
 『 沈黙 』この深い原作を映像でここまで表現してくれた
                          
スコセッシ監督。
                      
そして困難な情景を熱演してくれた役者の方々。
                          
深くて 重くて苦しい映画でしたが 
                            
よくぞここまで作りあげてくれました。  

                              
 観て良かった!!
                     
               

                     

                    
                   
                      



               


                             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
 冬咲きクレマチス、なんとも言えない可愛らしさです。
寒いと言いながらも今年の冬は過ごしやすいのでしょうね。
春が早いように感じます。
 「沈黙」ご覧になったのですね。
観たいと思いながら、私もYさんのように躊躇しています。
私にとっては映画を観る時間そのものを作るのが大変なのに
そんな重いものを観るのか・・・と思うのね。
本はずいぶんむかしに読みましたが、その時もどっと暗いものが
のしかかるようでした。そんな訳で多分観ないかな?
でも、あっこちゃんの書評(映画も含めて)は素晴らしいです。
もう一度読んでみようかな?という気持ちになりました。(^^♪
ミキ
2017/01/31 00:02
寒くて 手足が ヒヤシンス ・・・
翔おやじ
2017/01/31 06:20
ああ、ご覧になりましたね♪

母に映画の話をすると、「観たかったのに、なんだ観ちゃったの!?」と
泣かんばかりに責められて(?)しまったので、
もう一度、月末あたりにでも観ることになりそうです。
本は、私の持っている遠藤周作文学館・限定版を貸す気にはなれず
文庫を買うように突っぱねましたが・・・

今、原作を読み返していらっしゃるとのこと・・・
映画は、わかりすくなっていましたよね・・・
監督が思索の末、たどりついたというラストに象徴されていたと思います。

おっしゃるように、キチジローは「人間の弱さの本質」。
それでも、神は包んでくださる・・・ということなのでしょう。
私はクリスチャンではないので、神の部分は、勝手に置き換えて・・・
自覚し努力することでたどり着く境地のようなものだと考えています・・・

笈田ヨシさん、パリでご活躍ですが、今度、日本でも初めてオペラを
演出なさるそうです・・・「沈黙」のジサマ、すごいなあと
御年83歳のご活躍に見上げる思いでいます。

「沈黙」の流れのせいか・・・
クレマチスの白い花が、何やら純潔の象徴・百合のようですね♪
ぴあ乃
2017/01/31 07:43
おはようございます。
春がそこまでそ〜っと来ていますね。
まもなく、本当の春もやってきますね。
行き当たりばったり
2017/01/31 07:50
冬咲きクレマチス 可愛いですね。
そういえば 我が家の クリスマスローズは
と 今見てきました。 蕾は 寒さでちじこまって
いました。まだまだ咲きそうにありませんが
春の足音は 聞こえるような気がします。
フラバーバ
2017/01/31 10:13
冬咲きクレマチス、我が家のは多少蕾が落下してしまいましたよ。
ヒヤシンスやクリスマスローズ、春の息吹を感じますね。

沈黙、やはり友人が観てきたと言ってましたが、重かったと。。
映画をご覧になり再度読み返し、よりこの書の良さがお分かりになったことでしょうね。
私はまだ読んでいませんが、殆ど家に居る状態なので今回直木賞受賞の「蜜蜂と遠雷」を読み始めました。
ピアノ国際コンクールを舞台にしたストーリーなので、興味津々です〜。
ハーモニー
2017/01/31 13:58
こんばんは!
寒くても春の息遣いが聞こえてくるような気がしますね。
あと4日もすれば立春、もうすぐですね。

クリスチャンの遠藤周作の描く世界は時として苦しくなります。
以前『深い河』も同じ思いで読みました。
映像になった『沈黙』はどんなだったのでしょう。
いろいろ想像しています。
うふふ
2017/01/31 21:35
こんばんは!
冬咲きクレマチスの可愛いこと。もう沈丁花の蕾が膨らんできましたね。チューリップやヒヤシンスも春の来るのを待っています。クリスマスローズ蕾が見えますね。我が家の花も蕾をつけています。もうそろそろ咲くようです。
『沈黙』見に行かれたのですね。TVで紹介しているのを少し見て気になっていました。良かったですか?
eko
2017/01/31 22:48
ミキさん。
厳しい寒さの中にこの釣鐘型のクレマチスの花が咲いているのを見ると
何だか健気で胸がキュンとなります。
沈黙・・・観てきました。
あの原作を、それも外国人の監督がどのように映像にしてドラマにするのか
とっても興味があって・・・
やはり神と直面している彼ら(キリスト教と共に生きている)が描く
神との対峙の姿は強く迫って来る物がありました。
これは日本人には作れないものかもしれないな…と感じました。
映画も観て原作も読み直して・・・何かつかめるような気がしました。
昔買った文庫本は紙質も悪く字も小さくて苦戦しております。
あっこちゃん
2017/02/01 17:35
翔おやじさん。
翔おやじさんのダジャレにもっとヒヤシンス・・・(^_^;)
ヒヤシンスがきれいに咲いたらこの冷えも温まリンス。
あっこちゃん
2017/02/01 17:38
ぴあ乃さん。
は〜い!観てきましたよ。
是非お母様ともう一度ご覧になってくださいね。
遠藤周作文学館の限定版の『沈黙』はきっと大事なご本になりますね。

おっしゃるように映画は原作をとてもわかりやすく
示してくれていましたね。
原作を読み直しながら・・・とてもスッと入ってくる原作です。

私はどんな宗教でもなかなか自分の中に受け入れることはできないのですが
(お仏壇に手を合わせながらも・・・)
私の心の中にある『信ずるもの』に手を合わせたり、そのものに反さないような生き方をしようと日々暮していこうと思っています。
これが私にとっての『神』や『仏』に代わるものかな?

>>自覚し努力することでたどり着く境地のようなものだと考えています<<

ぴあ乃さんがおっしゃることと同じことのような気がします。

笈田よし氏、失礼ながらそのような海外でご活躍していらっしゃる方とは
存じ上げませんでした。
でもどこかでお顔を拝見したことがあるような・・・と思っておりました。
あっこちゃん
2017/02/01 17:51
行き当たりばったりの花日記さん。
花日記さん、春の足音が聞こえてきましたか〜?
早く来い来い!ホントの春!
待ち遠しいですね!(^^)!
あっこちゃん
2017/02/01 21:17
フラバーバさん。
冬咲きクレマチス、かわゆいでしょう?!
大すきなお花です。
クリスマスローズも今は我慢の時ですかね。
早く花開きたいなぁって思ってるでしょうね。。。
春の足音が響いて来たらぱっと花開くでしょうね。
首を長くして待っていましょう!!
あっこちゃん
2017/02/01 21:32
ハーモニーさん。
冬咲きクレマチス、蕾がぽろっと落ちちゃうんですよね。
でも花が咲く期間は結構長くて楽しめますね。
ヒヤシンス、屋内の水栽培はやはり育つのが早くて
屋外はやはり春の足音がもっと高らかに鳴らないとね(^^♪

沈黙、観てきました。
原作よりもシンプルに映像化されてわかりやすかったです。
勿論テーマも映像も重くて深い映画でしたが
今一度原作を読みながら理解を深めています。

恩田陸さん、長く待った直木賞受賞良かったですね。
蜜蜂と遠雷・・・まだ読んでいません。(図書館の予約は相当待たなければならないようです)
ピアノ国際コンクールが舞台のようですね。
音楽をやっている方はとても興味深いでしょうね。
宮下奈都さんの『羊と鋼の森』読まれました。
調律師を志して深いピアノの調律の世界に踏み込んでいくお話で
とても面白かったです。
あっこちゃん
2017/02/01 21:49
うふふさん。
早、2月に入っちゃって・・・節分、立春もそこですね。
春の足音がだんだん強く聞こえてくるようになりましたね。

深い河、原作も映画も見ました。
実は深い河はあまり理解が出来なかった記憶があります。
(インド、ガンジス河に賛同できなかったのがあります)
映画 沈黙・・・あの原作をとてもシンプルにそれでいて深く考えさせるところは
ちゃんとおさえられていて見ごたえがありました。
再び原作を読みながら理解を深めています。(よくわかる!)
あっこちゃん
2017/02/01 22:04
ekoさん。
冬咲きクレマチス、かわゆいでしょう!?
大すきなお花です。
かすかですが春の足音がきっと聴こえているのでしょうね。

沈黙、TVでやっていましたか?!
難しい原作ですが映画は解りやすく理解出来た気がしました。

花達も少しずつちからをつけているようです。

あっこちゃん
2017/02/01 22:08
冬咲きクレマチス
本当かわゆいで〜〜す♪
お花は春を待っていますね

重たい原作は避けて通る私
読まないといけませんね
ジュン
2017/02/02 15:50
ジュンさん。
冬咲きクレマチス、かわゆいですよね。
大すきなお花です!
今日、春のお花、黄色いちっちゃな水仙、買って来ちゃいましたぁ。
一気に春がやってきたようです。♪

読書って自分が面白いって思わなければ
なかなか進みませんもの。
すきなご本をたくさん読んでくださいませ〜。。。
あっこちゃん
2017/02/02 20:23
ヒヤシンス、クリスマス・ローズ 花芽が出てきましたか?
寒い、寒いといってる内にも、春はもうすぐそこ迄、来ていますよ。
三寒四温 繰り返しながら暖かくなっていきます。も少しの我慢です。
yoshi
2017/02/03 15:40
yoshiさん。
寒いけれど小さな花芽を発見したら
春の期待に胸が弾みますね。
も少しの我慢ですね。
あっこちゃん
2017/02/03 20:22
こんばんは
あっこちゃんのブログを拝見して、思わず歌っちゃいました。「はーるのうら〜ら〜のす−み−た〜がわー」明日は立春花も木も暖かくなる日をまだか〜まだか〜と待っているのですね♪ ”翔おやじさん”のコメント「寒くて 手足が ヒヤシンス」感激いたしました。ところでクリスマスローズ可愛い蕾が出てきているのですね。私は去年ご近所さんから頂いたのに、みごとに姿かたちがなくなってしまいました。残念で・・残念で・・あっこちゃんのクリスマスローズの成長を楽しみにしておりますね。
オパール
2017/02/03 21:12
オパールさん。
春を待つ歌って色々あるので
そんな歌を歌いながら春を待ちたいですね!
翔おやじさんのダジャレはてあしを冷やす役目を果たしてくれます。
(笑)
クリスマスローズ、何種類かあってどれも蕾を持ってくれてます。
もうすぐ咲いてくれるかな、楽しみにしておきましょう🎵
あっこちゃん
2017/02/04 22:15
映画館へ行くのは時間調整をしないとなかなか出掛けられません
先にパンフレットだけ買いました
独身時代からキリシタンのことは
心に止めていました
長崎に二十六人の十字架の銅像…切手にもなった…を観たり、資料館へ行ったこともあります
映画館へ足を運びたい思いはあります
いつか映画を観たいです
チューリップ
2017/02/12 09:09
チューリップさん。
広島は切支丹の方が多いような気がします。
コーラスにも何人かいらっしゃいますね。
沈黙は切支丹のお話ですが
根底は人間のことだと思っています。
お時間があったらぜひご覧になってくださいませ。
あっこちゃん
2017/02/13 15:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マウスを動かしてね!黒猫ちゃんがじゃれてくれます。
  • Maukie
  • オセロ挑戦してみてね!
  • ゲーム設置方法
  • 春の息吹。。。と『沈黙』と。。。 セカンドライフを楽しもう!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる