京都・・・旧新島邸へお邪魔。

        
3月中旬にお邪魔した旧新島邸のご紹介が今頃になってしまいました。

      
 折しも、一昨日、京都御所の春の特別公開が始まったというニュース。
あっ、そういえばあの時,京都御苑の中を小雪が吹雪く中歩いたっけ・・・寒かったなぁ・・・と
                 
しみじみと思い出したのでした。

画像

地下鉄丸太町から京都御苑の塀に沿って東へかなり歩きます。
               
(ちょっとボケボケで・・・(^_^;)
                          
旧新島邸にお邪魔してきました。

画像

                         
初めてお邪魔したのですが
                      
なんだか懐かしい気がしました。
       
そう、大河ドラマ『八重の桜』でいつも拝見していたからでしょうか?

   
1875年(明治8年) 新島襄はこの地で生徒8名で同志社英語学校を開校しました。
                             
同志社発祥の地です。
      
翌年、学校は旧薩摩藩邸に移転、その後自宅を建築しました。

        
大政奉還を果たし、東京に遷都した京都は経済も衰退していました。
そんな京都を復興させるべく、経済・教育に力を入れていく革新的な事業が行われていました。
しかし、そんな中でもキリスト教の教えを面前に出した新島襄の建学の精神はなかなか受け入れられませんでした。
                    
八重の兄 山本覚馬らの助力もあり苦労の末
                
この地に英語学校を開校できた・・・
                 
というのは大河ドラマ『八重の桜』で初めて知ったことでした。
           
(まったく今まで知識としてもなかったのです。お恥ずかしい・・・)

画像

当時としては画期的なセントラルヒーティングや洋式トイレ。
                  
ダイニングルームやキッチン、書斎など、洋風の趣ですが
         
 障子欄間やふすまの間仕切り、箱階段など和風の趣も取り入れてある。

                     
今にも綾瀬はるかの八重さんが出てきて 
              
「ようこそ、来てくれてありがとう。ゆっくりしていってくなんしょ」
                
なんて言いながら出て来てくれるような気がしました。

画像

 
まだ、寒さ厳しく、梅の花が咲きだしている頃でした。



                           
新島邸をあとにして・・・・

                     
京都御苑の中を通り、京都御所を横に見ながら
                            
同志社大学へ伺いました。

                  
京都御苑は京都の街の中心に広大な敷地の中にあります。
             
今は市民の憩いの場所になっているようです。

その中にシンプルであるがすべてを遮断するような塀で囲まれた京都御所があります。

画像

玉砂利を踏んで小雪を含んだ向かい風に吹かれながら御所の塀沿いを歩きます。

画像

                   
あまりの寒さにやっとのことでカメラを向けました。
             
立派な御門ですが・・・お名前を忘れてしまいました。

                   
4月9日から春の一般公開が始まっています。
               
きっと桜も満開で素晴らしい御苑御所の風景なのでしょう!
                    
ちょっと時期がずれていて残念なことをしました。
                     

                 
御苑の園内を抜け、今出川の同志社大学に行きました。
                        
もちろん、新島襄が建学した大学です。

           
1875年、 旧新島邸から移転したこの地に建てられたのが始まりで
                        
その歴史は135年になるのだそうです。

                  
その歴史をしっかりと守りながら同志社の歴史的建物は
                  
新しく建てられた学舎とともに
              
今もこの今出川の地にアカデミックな調和を見せてくれていました。

画像

           
 同志社大学ではこのようなキャンパスツアーを企画してくれています。
      
もちろん、この大学にあこがれて入学したい学生たちに向けてだろうと思いますが
     
一般にも公開していて、明治以降の大学教育の歩みを垣間見ることが出来ます。

                  
画像

          
開校当時からのチャペルやクラーク記念館など
             
数多くが国の重要文化財に指定されています。

              
すべての建物が(新旧)同じレンガ造りで
                
校内の雰囲気が素晴らしいものです。
              
        
受験するエネルギーと実力と経済力さえあれば
              
もう一度、ここでキャンパスライフを送ってみるのもいいかな?
                
 なんてちょっとワクワクしながら今出川を後にしました。



            
最近、大河ドラマの視聴率が低くて・・・と話題になっています。
        
TVの世界はエンターティーメントですから見てもらって何ぼのものでしょうが
           
事、大河ドラマにおいては視聴率を気にすることはない!ですよね。
       
今まで知らなかった 『歴史』の真実やその周りの人々を知ることという意味では
        
 たとえ低視聴率であっても 『大河ドラマ』を作る意義は大きいと思うな!!

         
 『八重の桜』で『会津藩』の本当の苦悩や藩主松平容保の苦悩
      
 八重さんのこと、新島襄のこと・・・・
                 
少しだけ理解したような気がしました。

   
 これからも知らない歴史や知らなかった歴史の中の人物に光を当ててほしいです。

                           
   
           

                         



             

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 翔おやじ

    よかったでしょ ・・・
    感動したでしょ ・・・

    かあちゃんも 行きました ・・・
    感動した 言うてました ・・・
    パンフレットも あるよ ・・・

    2014年04月11日 17:17
  • 行き当たりばったり

    今晩は。京都御苑はよく行きました。御所も幸いにして何度か見せていただきました。同志社大学も、よく側を通りました。しかし、旧新島邸は、まだです。
    よくわかりました。よく残ってますね。
    2014年04月11日 19:26
  • yuyuno

    「八重の桜」を観ていたから私も行ってみたい!
    素敵な建造物ですね。
    “そうだ京都へ行ってみよう”なんてポンと行けたらいいのにな。
    2014年04月11日 19:36
  • あっこちゃん、お待ちしておりました。
    洋館、近代建築大好きな釉でございます♪

    数年前に見学には事前予約が必要と言われ、涙をのみ以来チャンスがありません。
    ↑を拝見すると、やっぱり良いですね~

    御所は修学院離宮と共に新婚時代に見学に行きました。
    でもね、そのときって義父の招待で・・・もちろん一緒の旅行!
    気疲れして、あまり覚えていないんです(T△T)(私もかわいかった!)
    その後、葵祭に感動しています。あっこちゃん、おススメですよ♪
    源氏物語の世界に浸れます~~~笑。

    私も夫も子どものころから大河ファン。
    あっこちゃんがおっしゃるように、歴史への興味を開いてくれたと思っています。
    最近はクレームがつくとすぐに方向転換をするでしょう?あれはいただけません。
    さて来年の吉田松陰・妹ドラマ、どうなるでしょうね!?
    2014年04月11日 20:15
  • ハーモニー

    こんばんは。
    新島襄邸、モダンですね~♪
    彼のことや同志社大学のこと、こうして活字にしていただくと納得するのですが、私も何となく知ってるだけで知識の無さをひしひしと感じます。
    室内も洋風の中にも和を取り入れてるんですね。

    校舎もレンガ作りとは!重厚な造りですね☆
    歴史を紐解くことって、とても大事なような気がします。

    メッセージ送りましたので、読んでくださいね。
    2014年04月11日 20:45
  • ALOHA

    素敵なところですね~❤こんなところで学べる同支社の学生は幸せですね!
    一度行ってみたいです!
    2014年04月11日 21:13
  • あっこちゃん

    翔おやじさん。
    奥様もいらっしゃったのですね!!
    よかったですよ!!感動しましたよ!!
    今度はおやじさんもぜひ見学してくださいね。
    2014年04月11日 22:42
  • あっこちゃん

    行き当たりばったりの花日記さん。
    花日記さんはよく京都へ行かれますものね。
    御苑や御所はご存知ですよね。
    旧新島邸は『八重の桜』を見ていてとても身近に感じました。
    予約が必要なのですが9月30日までメンテナンスのため休館なのですって。
    2014年04月11日 22:46
  • あっこちゃん

    yuyunoさん。
    『八重の桜』みてましたか!!
    だったらぜひ見学に行ってください。
    とっても興味深いですよ。
    ただ9月30日までメンテナンスのため休館ですって。
    10月以降、お問い合わせくださいとのことでした。
    新幹線でぽ~んと一乗りですよ。
    yuyunoさんの行動力ならばちょちょいのチョイです。(^_-)-☆
    2014年04月11日 22:50
  • あっこちゃん

    釉さん。
    は~い、やっとUPすることが出来ました。
    そうなんですよね。
    予約が必要で、そのあたりはきっちりとしていました。
    事務所で確認をされてよく管理されていました。
    古い建物ですから大事にされていて4月から9月30日まではメンテナンスに入るそうで休館なのだそうです。
    御所は確か修学旅行で見学した気がしますがあまり記憶が・・・(二条城だったかも)
    葵祭ですねぇ・・・まだ行っていません。
    時代祭りの時期は京都に行っていたことがあるのですが娘の大学の試験とぶつかっていけなかったなぁ・・・
    祇園祭は真夏の暑いとき、ふうふう言いながら見ましたぁ。

    やはり何を言われても大河の功績は大きいですよね。
    歴史の年表なんか引っ張り出してみたこともあります。
    まったく面白みがないドラマは困りものですが
    あまり視聴率に左右されないでほしいですね。
    さて、来年の松陰の妹ドラマ・・・どうなるでしょうね。(笑)
    2014年04月11日 23:02
  • あっこちゃん

    ハーモニーさん。
    とても素敵な建物でしょう!
    明治の初期にこんな和洋折衷の素敵な建物が出来たってすごいですね。
    本当に、今まで教科書で習う程度のことしか知りませんでした。
    会津藩のこと、八重さんのこと、新島襄さんのことなど・・・
    同志社は京都のアカデミックさの一つを担っていますね。
    素晴らしい歴史を教えてくれます。
    メッセージありがとうございます。拝見しました!
    2014年04月11日 23:07
  • あっこちゃん

    ALOHAさん。
    きちんとした教育の理念が掲げられていて
    一つ筋が通っている気がします。
    こんなところで勉強できたらいいですね。
    もう少し若ければ・・・なんちゃって(^_-)-☆
    2014年04月11日 23:09
  • フラバーバ

    いつもながら 何でも よく勉強されていますね。
    私は 歴史は 全くだめで 恥ずかしい限りです。
    京都御苑の前は 何度も通っているのですが
    新島邸の 存在気がつきませんでした。
    今度 行ってみます。
    2014年04月12日 10:06
  • 桜桃

    拝読させていただき
    成程ぉ~です
    TVも観ないとね
    大学素晴らしいですね
    もう1度学べるならば・・・
    春の一般公開がありましたね
    京都やっぱり憧れます
    2014年04月12日 11:39
  • あっこちゃん

    フラバーバさん。
    いえいえ、これも大河ドラマのおかげなのです。
    大河ドラマを見ていると・・・あぁ、ここ行ってみたい!とか
    な~る程・・・と目からうろこのことが多々あるのですね。
    そして実際にその場所に行ってみると本当に実感が出来ますね。
    ぜひ、新島邸は行ってみてください。
    事前予約が必要ですし、4月から9月30日まで
    メンテナスのため休館だそうですので10月以降にいらしてくださいね。
    2014年04月12日 12:24
  • あっこちゃん

    桜桃さん。
    長々とした記事を読んでいただきうれしいです。
    確かに大河ドラマは賛否両論ありますが
    私にとっては欠かさず見ていて楽しんでいます。
    エネルギーと学力と経済力さえあれば・・・ネ(^_-)-☆
    ウフフ(^_-)-☆ないものばかりで・・・(^_^;)
    春と秋にしかいっぱんこうかいないですのでチャンスは生かさないとですね。
    でもなかなかタイミングよくはいかれません。
    2014年04月12日 12:29
  • ぽぽんた

    こんばんは。
    本当に綾瀬はるかさんが出てきそうな、懐かしい雰囲気がしますね。
    洋館はやっぱり憧れです。
    そして煉瓦の建物もいいですね。
    出来ることなら今も煉瓦建築を増やして欲しいです~(笑)
    寒かったのですね。
    お疲れさまです♪
    2014年04月12日 19:44
  • あっこちゃん

    ぽぽんたさん。
    ね!綾瀬春香さんが出てきそうでしょ?!
    近代建築のモダンさは今の現代的なもとと違って
    美しいですよね。
    煉瓦の建物っていいですよね。
    増えるといいですね。
    そう、寒かったのですよ。
    だからイノダでのランチがホッとするひと時でした。(^_-)-☆
    2014年04月12日 21:08
  • うふふ

    こんにちは!
    ドラマに出てきた所を実際に見ると感動しますね。
    キャンパスツアーも楽しい企画…近かったら是非参加してみたいです。
    同志社大学は小学校から仲良しにしている友人の弟さんが卒業しました。
    卒業後、企業を立ち上げて、今、一部上場の大きな会社に成長させて会長さんになっています。
    彼の子供の頃を知っているだけに夢のような気持ちですし、同志社大学に特別の思いを持つようになりました。
    私の弟ではありませんが…(笑)
    2014年04月13日 11:23
  • あっこちゃん

    うふふさん。
    八重の桜、会津藩のことや新島襄のこと、八重さんのこと
    ほとんど知らなかったので興味を持って見ていました。
    そんなドラマの舞台ですので興味津々でした。
    キャンパスツアーは建物の中も見学できるところもあり、
    興味深い展示も時間を忘れるほど堪能しました。

    同志社卒の皆さんはきっとその昔の建学の精神をきちんと感じて
    人生を生きていらっしゃるのでしょうね。
    ご友人の弟さんも素晴らしいですね。
    2014年04月13日 15:40